ラストメッセージとライフエンディング市場考察ブログ

「ラストメッセージ」というインターネット時代の遺言システムを通じて、40歳からの第2の人生を応援するブログです。

インターネット時代に最適化された最新の遺言システム。エンディングノートの未来系。
それが「ラストメッセージ」http://www.lastmessage.jp
当ブログの更新はTwitterで! https://twitter.com/kitamuracorp
ブログ作成者は私 http://kitamura.bz 

平素はラストメッセージをご利用頂き誠にありがとうございます。誠に勝手ながら、2月28日を持って当サービスを終了させて頂く事になりましたので報告させて頂きました。1年間活動し、多くのユーザーの皆様にご利用して頂きましたが、目標のユーザー獲得数に届かず事業化の ...

久々に涙ものの漫画を見つけたので報告。 漫画家の女性が過酷な仕事故に不摂生とストレスで身体を壊し、一度亡くなり半年後に再度目覚めた模様を漫画にしています。  「死からの復活」という所に興味を抱いて読んだのですが、「死」を迎えるにあたっての恐怖や後悔、そし ...

先般、ダイアログインザダークを体験して、大きな感銘を受けたので脳学者で有名な茂木健一郎氏が執筆した書籍を読んでみました。その中で、ダイアログインザダークの責任者である志村季世恵氏との対談ページの中に、すごくいい考察というか、私の活動のベースとなる概念を言 ...

30年前にドイツで生まれた「真っ暗闇のソーシャル・エンターテイメント」です。参加者は完全に光が遮断された空間の中へ何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障害者)のサポートのもと、暗闇空間を探索し、様々なシーンを体験します。こ ...

「facebookをエンディングノートとして活用する方法」っていうタイトルまんまの事を考えつきました。いや〜我ながら画期的なアイデアだと思います。ご存知の様に、私はラストメッセージというサービスを開発しましたが、あの場合特定のプラットフォームに依存してしまう事自 ...

昨日、本屋さんで平積みされてあった本を何気なく開いたら見つけた感動的なフレーズです。著者と訳者に感謝。おすすめの本です。伝え方が9割 2冊パック [Kindle版]佐々木 圭一ダイヤモンド社2013-10-07==  引用文は以下 ====この時代に生きる 私たちの矛盾ビルは ...

かつて「泣けるCM」として話題になったPanasonicのCM。入院中に病院で、急にパソコンを始めたおばあちゃん。慣れない手つきで、パソコンに一生懸命書き残していたものとは、一体なんだったのか?10年近く前に放送されたCMですが、今見ても感動的です。ムービーはこちら ...

【ラストメッセージ第二弾】ラストメッセージ・遺言ムービーをリリースしました。このサービスに「遺言書」の課題とラストメッセージで表現したい「想い」を込めています。 是非、サンプル動画を見てください。私の想いをご理解頂けると思います。 以下、つらづらと。。。 ...

ラストメッセージを開発する際,かなり色んな事を考えました。もっとも悩んだのがデータを弊社で預かる仕様にするか否か。ご存知の通り,ラストメッセージは弊社でデータを預からず,ネット上に多く存在する無料のクラウドを「遺言ボックス」代わりに活用する事を仕組みとし ...

大変貴重なビデオがありました。これはスーちゃんこと(キャンディーズ/田中好子さん)の葬式の風景を外から撮影したムービーの様です。 そのムービーそのものは公開されていないので、見る事は出来ないのですが参列した方が屋外から録画したようで音声を聞く事が出来ます ...

今週号の週刊SPA! (4/1日号)は超充実の内容です。このままコピーしてラストメッセージのパンフレットにしたいくらいネット終活の必要性を解説してくれています。同時に、もう一つの記事として、最近「終活コンサルタント」と偽って高齢者に近づき、高額商品を売りつけたり ...

最近,facebookで “えっ?” という状況に出くわした。それは、20年来の友人がやせ細った顔で写っていた写真。彼は57歳。私とは社長仲間でここ10年以上は会っていない友人である。 タイムラインのメッセージを読むと、食道がんが再発して手術して退院出来た報告とあ ...

今年一月,googleが3200億でNEST社を買収。というニュースはIT業界を色めきたせ,次なる大きなトレンドが具現化する大きな希望にもなっている。

 そのキーワードは「モノのインターネット = Internet of Things」

つまりハードウェアとインターネットが連携して新 ...

全総連が作成した「娘の贈り物」というタイトルのショートムービーがバイラルされて注目されている様です。 意外とストーリーも凝っている180秒のムービーです。え!?そっち?と思える最後のシーンまでご覧ください。  ただ、お葬式のイメージムービーというよりも、「 ...

大変ユニークな対談を見つけたので紹介方々アップさせて頂きます。実はこの対談、転職サイトで有名な「リクナビ」のコンテンツであるリーダー対談として実現したものですが、対談中に出てくる両氏のネットの未来像のお話が大変面白い。なかでも、インターネット時代の「お墓 ...

遺言書をつくってみよう!というノリで遺言作成を依頼出来るところをググってみると。。。なんと出てくる出てくる山の様な案内が。 遺言作成を行ってくれる事業者は大きく以下の5つに分類される様です。 ・行政書士事務所(遺言書作成) ・税理士事務所(相続税対応) ・ ...

来る少子高齢化社会に向けて、人生の質を高める為に、人生の終盤をアシストする産業の育成が求められるとして経済産業省が問題提起を行った骨太のレポートです。このライフエンディング市場をウェブサービスの観点から調査と研究を続けています。ご興味のある方は是非加わっ ...

私が最初に遺言的なモノを意識しだしたのは40前後のときです。この時分、海外出張に多く行ってた事がきっかけとなっています。お恥ずかしながら、いまだに飛行機に乗るとき、落ちるかもしれないという恐怖心を持っていいます。w 実際は飛行機よりも車の交通事故で死ぬ確率 ...

今週号の東洋経済の特集が大変興味深い。つまり、中高年男性の4人に1人は一人暮らしとなる超単身社会となる事を憂いた記事である。このことは独居老人の増加も意味する。 この事は既に現在の段階でも至る所に見て取れる。 例えば家庭用の防犯で有名なセコムやアルソックな ...

私事ですが,40歳を一つの節目として20代,30代を頑張って来たという経緯があります。 なぜ40歳かというとシンプルで、人生80年の折り返し地点だから。と、40歳を節目として捉えていたからです。  経営的な用語を使うと40歳とは中間決算です。前期の成績を見 ...

「ラストメッセージ」という言葉には色んな含みがあるので一度整理しておきたいと思います。「ラストメッセージ」とは、文字とおりシンプルに「最後の言葉・伝言・ことづけ・伝えたい事」という意味です。 紛らわしいのですが、遺言的な意味での「ラストメッセージ」と、デ ...

まず大きなくくりとして株式会社kitamuraはライフエンディング市場にフォーカスした新しいウェブサービスを手がけて行く事業ビジョンを持っています。その第一弾として、遺言やエンディングノートといった概念を再定義したウェブサービスとしてラストメッセージ・サービスを ...

ご存知、名俳優として人気の高かったフィリップ・シーモア・ホフマン(享年46)の訃報に驚いた方が多かったのではないでしょうか? このたび同氏の遺言が公開された様です。 やはり驚くのは遺言書を書いた年齢。2004年に書かれた。と記事にありますから10年前。なんと ...

「見守り」といえば、高齢者の安否を観察する「電気ポッド」であったり、テレビやペット型ロボットであったりいろんな家電やサービスが出ています。 例えば神奈川県が紹介する高齢者向けのレービスだけでもこんな種類があったりします。 センサー・機器等による見守り・安否 ...

ラストメッセージを作っておいてなんですが、このようなニュースを見て驚いてしまいました。w 遺言書の作成件数が大幅増 日経新聞によれば「遺言書」の作成件数は10年前と比べて35%~40%増になっている計算らしく右肩上がりの状況のようです。今後は団塊の世代を中心にま ...

ラストメッセージをプレゼンする時に列席の皆さんに必ず聞く質問があります。それは「あなたのバディは誰ですか?」という質問。普段の感覚であれば、最もデリケートな事を託す相手になる訳ですから肉親(親、兄弟姉妹、妻、夫)となりますよね!?相続や遺言など考えれば誰 ...

よく聞かれます。 なんで「遺言」?  なんで「死とインターネット」? 新しいサービスを説明すると「そっち?」という怪訝な顔も良くされます。 確かに、珍しいですしイメージも明るくはありません。 ネットビジネスのトレンドとしてもノーマークのカテゴリーでしょう。 ...

どうでしょう? これは一時期、Twitter上で話題になった投稿です。50万RTされたとか。 確かに、最後に意を決する瞬間に、この看板が目に入れば「そういえば。。。」となりますよね。 名キャッチコピーだと思います。 ただ、この看板コラだという噂もあって、未だ真意のほ ...

<死亡数、死亡率> 平成23年の死亡数は125万3463人で、1日に3434人がお亡くなりになりました。前年の119万7012人より5万6451人増加し、死亡率(人口千対)は9.9で、前年の9.5を上回った。平成23年人口動態統計月報年計(概数)の概況http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/ ...

■「60歳までに遺書を書きたい」と松本人志さん 「法的に有効な」遺言書の条件とは?(弁護士ドットコム) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00001112-bengocom-sociこの記事を読んで?????と思いましたね。要は、家族に向けて遺言を残さなけれ ...

2014年2月の段階では全くの素人の私が自分の理解を通じて「遺言書」の作成プロセスを説明して行きたいと思います。Step,1 ネットで情報収集ネットでいろいろと遺言書の事を調べてみると以下の様なステップで進めるのがいいらしいですね。①前提の整理②意向の整理③具体的手 ...

先日ちょっと気になるニュースを見つけました。私も好きな映画「ワイルドスピード」で有名な故ポールウォーカーの遺言書についてのニュースです。故ポール・ウォーカーの遺言書、資産2500万ドルはすべて娘に | ニュースウォーカー http://news.walkerplus.com/article/44264 ...

「自分が死んだとき、見られたくないものランキング」というユニークな記事を発見した。 ちなみに男性と女性編に分かれている。男性編を見てみよう。1位はダントツでパソコンの中身。もうエロ動画のオンパレードなんでしょうね。(笑次いで2位はスマホ/ガラケーと来ている ...

最高の人生の見つけ方 [DVD] [DVD]ジャック・ニコルソンワーナー・ホーム・ビデオ2008-09-25バケットリスト〜死ぬまでにやりたい事ちょっといい映画を見つけたのでご報告。この映画の中で、余命告知されたモーガンフリーマンが「死ぬまでにやりたいこと」をメモにするのです ...

最初に思ったのが,ビデオレターって遺言にならないの?って言う事なんです。ワープロで残した文書は偽造し易いのでダメなのは理解出来るけど、ビデオレターは当人に変装して成り済まして。。。っていうのはハードルが高いからデジタル時代の遺言としてはいいのでは?という ...

↑このページのトップヘ